仕事が辛い・嫌な人へ
       

これよりはましですよね? 仕事する意欲のなさ | 会社辞める前

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

仕事が嫌で仕事に対するやる気が全くない自分。
もう何もしたくない。
それはそれで良いと自分を正当化しましたが一方で何もせずに金を貰いたいのかと自分にダメ出しします。
しかし最後にこの問題にフタをします。

会社の会議ではやる気のなさを積極的にアピール

打ち合わせの中で決まった項目はほとんど、私の宿題項目。わかってますよ、他の人も色々と忙しいですから。
しかし、
あーーーーーーーーーーーーーーやりたくない。

消極的でやる気のないサラリーマンを積極的にアピールしていても何故か、私の宿題になってしまいます。
まあ、そのアピールのおかげもあってか一部の仕事は他の人がやることになりましたが。

めんどくさい問題を押し付けあう会議

解が見えない問題をどのように解くか。
率先して問題提示、解決案提示でチームを引っ張ることを期待されているのは重々承知していますが、私はそんなものに一切喜びを感じることはなく、やる能力もなく、ただ単に早く帰りたいよ定時に。

中小企業の悲しいところで代わりの人もいないんです。

ホント当たりくじだよ今回の仕事。
あー、いやだ、いやだ、いやだと 思いながら帰宅の途中ふと思います。

笑うサラリーマン

仕事の何が嫌なのか

ところで、仕事の何が嫌なのですか?

「それは、この件を確認したり、あっちから情報取ったり、これをあの人に頼んで、こっちは別の人に頼んで、、そうすると更に仕事が増えて更に早く帰れなくなる恐れが。。。」

「調整業務が嫌なんだね。しかし、それが、君の仕事でしょ。」

会社からお金はもらいたいが何もしたくない

いや、何にもしたくないんです。

仕事への意欲がないのです。 

お金をもらうためには働かなきゃいけないのですが、

「何もせずにお金だけ欲しいなんてびっくりだよ。
なんか確認するだの、電話して情報取るだのたったそれだけのことでお金もらえるんだから、ちょろいもんじゃないのか?」

「大体君の理想は高すぎる、閉じた環境でストレスの少ない単純作業だけやって、定時に帰って給料をもらおうだなんてちょっと虫が良すぎるんじゃないのかい?」

「大体世の中には君よりも苦境に立たされている人がたくさんいる。」

「こんな時間にあったかい部屋でブログなんか書いてられることが一体どれだけ幸せなことなのか考えたことはあるのか。」

「そもそも君ってやつは・・・」

ストップストップ、けいるんさん。
なんかドラえもんとのび太の会話のようになってしまいまいした。

まさにぐうの音も出ません。

嫌な気持ちにフタをし仕事への考え方を変えてみる

考えようによっては、なんかの確認だの、誰かに何か頼むだのそんなことでお金をもらえるのならば、ちょろいものです。
明日突然首になったら後悔するでしょう。 やっときゃよかったなと。

世界中で起きている問題と比べれば、私の仕事上の悩みなんて至って些細なものなのです。
オフィスで働く自分の姿を客観視し少しずつズームアウトするのです。10メートルもズームアウトすれば色々な人がいろいろな悩みを抱えてることに気付きます。

もっともっとズームアウトすると地球全体が見えます。

今あるものに感謝をするのです。
それがサラリーマンとして心やすらかに生きる道なんです。

それ続ける?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る