会社を辞めたいけど不安な人へ
       

転職もなかなかできる気がしないからやめとくことにした

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
転職できる気がしない男性

仕事が嫌で会社を辞めようかなって思うことありますよね。
嫁さんや友人に仕事を辞めると言ってみたり、転職サイトに登録してみたり。

結局は転職もなかなかできる気がしないため、転職を辞めることにしました。

その時の心理状態です。

とにかく後ろ向きでした。

仕事のやる気は全くない

仕事に対する態度も基本的に後ろ向きになっているのがわかるのか、心なしか職場での私に仕事に対する周囲の人のあたりも強くなっています。

「そんなに私がまずいんだったら、プロジェクトから外してもらえませんかね」
と危うく言いそうになります。

こいつを言ったらおしまい。

会社がわたしをプロジェクト担当者として適任ではないと本当に判断をするのであれば、後任をあらかじめ決めて、ある日、突然私に通知してくるはずです。

わざわざ自分から外れたいなんて言わなくていいのです。
それがない以上、私はプロジェクトを続けていてよいのです。そう今の働きでいいのです。

もう少し力を抜いてもいいかもしれません。
既に後任探しの動きはあったりして😅

とはいえ、嫁とは勝手に仕事を辞めないという約束だったと思いなおします。
まあ、いざとなれば勝手に辞めるのですが😁

関連記事 : 仕事のやる気が出ない40代はどうしたらいい? 原因と出し方

転職サイトの情報を見て腰が引ける

転職サイトの求人情報を2,3件見てみました。

その求人情報を見た感想

  • 同じ業界の仕事では職種は似ているものの私の専門性は生かせない。
  • 新しく仕事を覚えるのが大変そう
  • 給料が下がる可能性がある
  • やる気がないといけない
  • 転職先で求められている資格がない
  • 新しく人脈を作る必要がある
  • 職探しするための時間の確保
  • 面接で志望動機を聞かれても答える自信がない
  • なんか似たような仕事だな

求人の検索をするサラリーマン

数を挙げればきりがないのですが、転職を経験済みの私としては完璧な会社などないことを十分に理解しています。

まあ、雇ってもらえるかどうかもよくわからないんですけどね。

関連記事 : 転職エージェントまとめて違いを比較 [数をしぼりました]

転職に何を求めるのか

やりがいなのか、お金なのか、良好な人間関係なのか、職場環境(残業が少ないとか)なのか、そこがはっきりとしていないと転職活動は一歩も進みません。

職場環境が良ければ、やりがいは落ちるかもしれません。
とにかく、サラリーマンにとっての完璧な職場など無いのであります。
転職先に求める優先順位をはっきりさせないといけないのであります。

とはいえ、私が求める職場は給料がよく、ほどほどにやりがいがあって、やさしいいい人達に囲まれて、定時でさらっと帰宅できるところなんですが😁

転職の理由: 残業を減らしたい

私は一度転職の経験があります。
同じ業界の中で、別の会社へと移動したのです。

私の前回の転職の目的は職場環境を変えることでした。
残業がとにかく多く、休日出勤も納期を守るためには普通に休日出勤をするという会社でした。

見事な社畜っぷりが評価されたのか、あやうく海外にも飛ばされそうになりました。
そんな生活が嫌でした。
私の転職の目的はそう、

残業まみれの生活から逃げたかったのです
鎖でつながれるサラリーマン

残業を減らすという目的の転職は採用側からするとあまりいい転職理由ではありません。
志望動機として非常に弱く、採用側からすると、とても魅力のある 社畜 社員ではありません。

関連記事 : 仕事量が多い やってられない!そんな生活を変える方法

転職の結果はどうだったか

残業はなくなってはいませんが、前の職場と比べると改善されています。給料も多少は上がりました。

転職してもなかなか大変そう

今回の転職に私が一番期待するものは何か。

んーと。。。仕事が難しく、上手く回せないのです。

正直疲れたのでもっと働きやすい会社がいいのです。

とにかく楽をしたいのです

別に給料アップを求めているわけでも、やりがいを求めているわけでもないのです。

仮に転職できたとして、新しい会社は私に楽をさせてくれるでしょうか?
転職においてもっと楽をしたいという志望動機では新しい職場を見つけるのには相当苦労すると思います。

新しい職場に行ったところで、相変わらず、残業はさせられるでしょう。

今の会社は有給を申請しやすい職場です。 新しい会社はきっと有給を取りにくいでしょう。

今の会社で長年かけて培った現在の地位をすべて放棄し、新しい会社で新たに人脈、信頼、立ち位置を築かなければいけないのです。

やはり現状・既存権というものは強いです。
改めて考え直してみると、今の会社にいることは多くのアドバンテージがあるのです。

私の目的に対し転職は解決策になるのでしょうか?
きっとならないでしょうね。

サラリーマンからサラリーマンへ転職したところで、私の目的、とにかく楽をしたいは達成できないのです。
そうです、私は仕事を辞めたいのであって転職をしたいわけではないのです。私の目的を達するには転職ではだめです。

関連記事 : 仕事が嫌な理由と対処方法 理由がわかれば対応できる

辞めたいと言った時の周囲の反応

私は友達や嫁に仕事辞めたい、辞めたいと気軽に言います。
周囲の反応は、

  • 友達;やめるな。俺は無職だった時期があるからホントよくわかる、無職はつらいぞ。
  • 嫁;辞めてもいいけど、次の仕事が決まってからにして。絶対に勝手に辞めないで。

やはり、皆転職には反対なのですね。

転職がなかなかできる気がしない時の最善の策

サラリーマンとしては、クビにならない程度に働き、あわよくばダメ社員のレッテルをはってもらい、窓際族になる。

転職できる気がしない時はサラリーマンの安定収入、会社を休んでも給料には響かないといったメリットを最大限に活用するのが一番いいなと思う今日この頃です。

コメントもらえるとうれしいです。

自分からアピールするのは苦手だけど転職したい。
そういう人は企業から面接確約メールを待つ転職活動ができるミーダスがおすすめです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る