仕事・会社を辞めたい 辞める
       

仕事が嫌でたまらないから会社を辞めると決心した時の状況

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
仕事が嫌で寝そべる男性

仕事が嫌で嫌でたまらない私。
会社に行っても日々無難に退社時間を待つ日々。

そんな日々に疑いも持たず過ごしていましたが、ふと自分はどうしたいのか、今の状態を続けたいのか考え、結局仕事を辞めることにしました。

転職することに決めた時の体験記事です。

仕事を嫌々やっている

ここ最近は、やばいです。
ホント、仕事が嫌なんです。
もともと私は嫌々仕事をしているのですが、更にその感情が加速しています。

既に仕事に対し興味、関心を完全に失っているという感じです。

いや、興味とか関心が、とかいうレベルではありません。嫌だやりたくない。早くおうちに帰りたい。こんな気持ちで会社に出社していたのです。
ほんと、仕事はどうでもいいやという感じです。

会社に対して申し訳ない

会社に対し申し訳ない気持ちまで出てきました。
すいません給料もらってるんですがほんと嫌々やっているんですよ。😂
と、上司に謝り、そしてそっと自分の席に戻りたいくらいです。
まあ謝るだけなんですけどね😁

朝起きた時点で早く家に帰りたい

今までは朝起きたら あー会社行きたくね。でした
最近は朝起きたら「あー早く帰りたい。」なのです。自分の家のベッドで目が覚めた直後にです。

出社する前に退社したくなる。ほんとに仕事が嫌なんです😝

仕事が嫌だから、一日が何事もなく過ぎてほしい


我ながら一体どうしてしまったんだろうと思っています。
仕事を一生懸命やる真面目なサラリーマンだった私は一体どこへ行ったのか。

とにかく一日、無難にやっかいな事が生じないまま過ごしたい。
そして、皆に”あいつは暇”と思われないように、そこそこに残業をして、いつもの残業時間になったら速攻で帰りたいとしか思っていません。

いつもの残業時間=定時なので、そこまで会社に居ることが目的となっています

しかし、仕事をしている以上、予想外のやっかいなことは毎日生じてしまいます。
そうすると、

あ~~~~~~~~~~~~~めんどくせ。

やること増えたよ。帰る時間、遅れるの嫌だよ。
こんな感じなのです。

もしこの気持ちが会社にばれたらどうしよう。
いや、もうこの気持ち、
覇気のなさ、やる気のなさ、積極性ゼロ。後ろ向きな態度。

きっと、いや、確実に会社にばれているでしょう。

仕事がどれくらい嫌なのか

仕事のやる気がない理由を考える男性
なぜこんなにも仕事に対してどれくらい嫌なのか書き出してみます

  • いい年だからと自分にとって苦手なこと、嫌でたまらないことばかりやらされている
  • チャレンジだといわれながら、できもしない改善案をひねり出しお客に説明させられる。
  • 新しく頼まれた仕事が全てめんどくさい😂
  • 頼まれていないがやるべき仕事は全てめんどくさい😠


なんで今の仕事をしているの?

給料の為に嫌々やっているのです。我慢代です。

すなわち給料さえもらえれば別に今の仕事である必要は全くない。

ということなんです。
はう、😂涙が出てきそうであります。

こんなに嫌な仕事を今後もずっと続けるか

嫌な仕事を続けたくないと泣く女性
さて、ぐだぐだ愚痴りました。愚痴を繰り返しても何も状況は変わりません。
今の状況を続けたいのか続けたくないのか。自分に問うてみます。

おい、君は今の状態を続けたいのかい?
それとも変えたいのかい?

繰り返そう
君は定年まであと20年、この嫌な仕事を続けたいのかい?それとも変えたいのかい?
はっきりしろ❗

あと20年今の仕事を続けるのは嫌だ

20年? あと20年も?
恐ろしくなりました。

あと20年もこの嫌な仕事を続けるというのは、到底受け入れられないと思いました。

限りある貴重な人生の時間を嫌な仕事をするために消費し続けるのは非常にもったいないと感じました。

部署移動を考える

さてこの嫌な職種を辞めるとして、別の部門に異動願を出すことを考えてみます。

あの部はどうかな?、んー、嫌だね。とてもやりたいと思えない。
ではあの部はどうかな、んー、それも嫌だな。

あ・れ・れ・れ?、この会社にやりたいと思える仕事が全くないじゃないか~

この会社にいる意味がない、しみじみそう思いました。

嫌な会社を辞めることにする

空を舞う飛行機
もう会社を辞めようと思いました。
次はなにもまだ決まっていません。

でもいいんです。
この会社である必要が全くないことが分かったのですから。

なんということでしょう

仕事を辞めていいよと自分に許可した瞬間から心がふわっと軽くなりました。

もう、この嫌な仕事を辞めていい。
憂鬱だった通勤も、なんと気分ルンルンであります。

この時、私は悟ったのです、こんなにも自分は苦しんでいたのかと。

こんなにも自分の気持ちをないがしろにしていたのかと。

少し自分の心に素直になれました。
自分をいたわってあげることができました。

嫌でたまらない仕事は辞めていいという選択肢がある。

これだけで心はぐっと軽くなったのです。

そして他の会社に無事転職できたのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る