言語聴覚士(ST)を強力にサポートする転職サイトのおすすめ 3つ

転職サイトのおすすめを見つけて喜ぶ言語聴覚士 STの女性 転職サイト情報

「ST(言語聴覚士)だけどどんな転職サイトを使ったらいい?」

この記事はそんな転職をしたい言語聴覚士(ST)の方々に向けて書きました。

言語聴覚士って専門職だけに転職するのが難しそうって思いますよね。

普通の営業職みたいにどんな会社・職場でも必ず居るというわけではないですもんね。
とはいえ、今の職場でのんびり転職活動をしていると体や心がもたないですよね。

実は私の子供には障害があり言語聴覚士の方たちにお世話になったことがあります。
STさんはどこの病院にでもいるわけではないので、偶然にも近くの病院にSTさんがいてくれ、療育をしていただいたのはとてもありがたかったです。

さて、どの職種でもそうですが転職は決して簡単ではありません。
しかし言語聴覚士(ST)の転職に強い転職サイトがあります。
言語聴覚士の専門の転職エージェントがいる転職サービスです。

このページでは言語聴覚士にとって頼もしい3つの転職サイトを紹介します。どれも無料で利用できます。

私が調べた中でこの3つは正直どれも甲乙つけがたいです。

私も40代で未経験職種への転職の経験があります。
転職活動の中盤で学んだことがあります。
転職サイトによって扱う求人が違うので、自分に合う求人を探すにはできるだけ多くの転職サイトを利用することが大事だということです。

そのときには18社の転職サイトを利用していました。

言語聴覚士として新しい職場で働きたいあなたには3つのサイトに登録してあなたに合った職場を見つけてもらいたいと思います。

PTOT人材バンク

PT OT人材バンクのヘッダー

PT OT 人材バンクという名称ですがST 言語聴覚士の求人も扱っています。
東証一部上場で医療、介護に特化した人材サービスを行う株式会社エス・エム・エス キャリアが運営する転職支援サービスです。

リハビリ職に特化したキャリアパートナーが求人の紹介、面接日程の交渉、給与条件交渉を行ってくれます。

年間11,000人以上が利用し非公開求人も多く取りそろえるサイトです。

転職事例が豊富です。

募集の出ていない事業所へも幅広くお声がけをしました。
現時点のご希望だけでなく、長くお勤めできる環境かどうかも重要だと思い、事業所へご相談させていただきました。

ご入職が決まり、求職者様から「PTOT人材バンクに登録していなかったら出会えなかった事業所だった」と喜んで頂けて、とても嬉しかったです!
PTOT人材バンク 担当者の声より

PT OT ST ワーカー

PT OT ST ワーカーヘッダー
言語聴覚士の転職エージェント PT OT ST WORKERのウェブサイトイメージ

特徴は圧倒的な求人数ですね。

合計9,000件近くの言語聴覚士(ST)の求人を取り扱っています。
公開求人は6,000件です。
非公開求人数は今はわかりませんが、以前は3,500件となっていました。

公開求人は登録不要で検索できます。
メンバー登録をすると非公開求人情報を見れるようになります。

看護師、医師などの医療関連職の転職をサポートしている医療WORKERグループなので、
病院・クリニック・診療所・介護施設・リハビリ施設などのお仕事を多数ご紹介することが可能です。
長年の紹介実績から各施設より強い信頼性を得ているとのことで、他社にはない求人も多数あります。

  

PT・OT・ST WORKERを見る

マイナビコメディカル

マイナビコメディカル ウェブサイトヘッダー画像
マイナビコメディカル ウェブサイトヘッダー モバイル用

マイナビコメディカルは5,600件ととても多くの言語聴覚士(ST)の求人を取り扱います。
非公開求人も多数あります。

人材業界で40年の歴史あるマイナビブランドの安心感もありますよね。

登録すると専任アドバイザーがつきます。 

専任アドバイザーはあなたのニーズを細かく把握し忙しいあなたの代わりに求人情報を探し、提案してくれます。

ニーズを把握するための面談は対面がベストですが、地方在住や忙しくて時間の獲れない人には電話やメールでの面談も実施しています。

専任アドバイザーには求人検索だけでなく面接日の調整や給料の交渉もお任せできます。

今後はさらなるスキルアップが可能な環境に身を置きたいと思い、転職を決意。そのタイミングでちょうど「マイナビ医療介護のお仕事」の広告を見かけ、登録しました。

登録後はキャリアアドバイザーの方からすぐに連絡があり、面談の日程もすぐに決まりました。
~中略~

面談後、紹介していただいた求人の面接日が思ったより早かったのですが、アドバイザーさんや法人担当の方からアドバイスをいただき、面接の対策を立てることができました。面接を受けた3社すべてから内定をいただくことができ、自分でも驚きました。
マイナビコメディカル 転職成功事例より

登録もわずか1分、是非利用しておきましょう。

3つの転職サイトの違い

今回紹介した3つの転職サイトはどれも素晴らしいサービスをしており甲乙つけがたいです。

どの転職サイトも

  • 無料で利用できる
  • 業界に精通した専門のキャリアコンサルタントが付く
  • キャリアコンサルタントによる求人紹介
  • 職務経歴書や履歴書のアドバイス、面接対策
  • 条件交渉
  • 入社後のフォロー
  • 簡単に登録できる

というサービスをしてくれます。

あと違うのは求人情報です。

特に非公開求人はあなたが転職サイトに登録し、キャリアコンサルタントとが「この人には紹介する価値あり」と判断した時に表に出てきます。

自分に合った勤務先を探すには積極的に情報に近づいていくのがいいと思います。

ST(言語聴覚士)を辞めて別の仕事をしたい人におすすめの転職サイト2つ

人に直接貢献できるのが魅力の言語聴覚士ですが、

「医師や家族の無茶ぶりにつかれた。」
「いまいちやりがいを感じられない。」
「一生言語聴覚士でいなくてもいいのではないか?。」

そんな思いにかられ別の職業に転職したくなることもありますよね。

そういうあなたのために、未経験の職種を探せるサイトを二つ紹介します。

企業からの応募依頼が期待できますので是非登録してください。

ミイダス

総合人材サービスのパーソルのグループ会社ミイダスが200万人の年収データと7万人の転職実績からあなたの市場価値を5分で診断します。

面倒な職務経歴書を書く必要はありません。
登録してから1日から2日で面接の確約のオファーが届きます。
あなたが思っているよりも、あなたに価値を感じている企業は多いのです。
お試しください。

私が実際にやってみたのを書いたページです。
自分の市場価値診断した結果 2通りのキャリアでやってみた

 

リクナビNEXT

ゆっくりと自分で求人情報を検索するのであれば、転職先と出会えたサイトNo.1 (2018)のリクナビNEXTがおすすめです。

自分で求人を探せるのはもちろんですが、AI(人工知能)があなたの仕事に対する志向を分析し求人を提案してくれます。

 

最後に

「このまま今の職場で働くのは無理‼」
と、思っているあなた。

長時間労働や家事と毎日 フラフラになりながら乗り切っておられるんですよね。

わたしもこの間転職した時に、会社を出た時にウキウキし、会社に行くことを思う時に暗い気持ちになるという暮らしをしていました。

今回 言語聴覚士のあなたの転職を強力にサポートしてくれる3つの転職サイトを紹介しました。

どの転職サイトもあなたの転職に使う手間を最小限にして、あなたに合った職場を紹介してくれると思います。

全て無料で登録はわずか1分です。

もしあなたが今の環境を変えたいと強く望むのであれば、3つの転職サイトすべてに登録し利用した方がいいと思います。

一度には無理ですからまずは1つに登録してみてください。

コメント