おすすめの転職サイト、転職エージェント
       

18社に登録し9社を利用し60社に応募した40代が中高年男性に11社の転職エージェント・サイトを比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
転職エージェント 40代 中高年におすすめ

中高年で転職を考えてみようと思い、いざ求人情報を探す、もしくはメンバー登録しようと思っても転職サイトがたくさんありすぎるので迷ってしまいますよね。

私も40代で5か月にわたり転職活動を続け、16社の転職サイトを利用し60社に応募をしました。

40代の男性におすすめの転職サイトと転職エージェントをまとめてみました。

紹介する転職サイトとエージェントが多くなりすぎないように絞りました。

転職エージェントは数字で比較。

この中からどれか一つの転職サイトやエージェントを選んで利用すればうまくいくというわけではありません。

40代で本気で転職するのであれば、時間の許す限り登録し、たくさんの求人案件に触れましょう。

転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイト

転職サイトは、自分がサイトの中の求人紹介とかのサービスを利用するイメージです。
あくまでウェブサイトを利用し一人で転職活動するということです。

転職サイトに自分の経歴を登録することで企業からスカウトの声がかかるようになります。
スカウトとは電話ではなくメールや転職サイト内の受信ボックスのようなところに企業からくる面接のお誘いです。

転職エージェント

一方転職エージェントはさらにキャリアコンサルタントとかキャリアカウンセラーという人たちのサポートを得られます。
周囲の人たちにも言いにくく、一人で悩んでしまいがちな転職者たちの強力なサポートとなります。
もちろん無料でサービスを受けられます。

またキャリアカウンセラーは、ウェブ上ではあまり広く公開しにくい、非公開求人というのを持っており、ニーズに合致していると思えば紹介してくれます。

キャリアに自信のある中高年は自信を持って転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントの力は借りた方がいい

転職エージェントは利用した方がいいと思います。
転職エージェントと会話すると色々と質問されます。

どうして仕事を辞めるのですか?
どんな会社がいいのですか?
どんな仕事をしたいのですか?
どんな条件を求めているのですか?

いずれも転職エージェントがあなたの転職を成功に導くために必要な情報です。

結果、プチ面接のような形になります。
自分が思っていることを口に出すというのは予想以上に大きな効果があります。

転職エージェントに話すことにより、自分が転職に関して思っていること、実はあまり強く思っていないことをより正確に把握することができます。

【リクルートエージェント】
dodaの転職支援サービスは、押さえておきましょう。

転職活動が会社にばれないか心配

もし転職活動が会社にばれたらどうしようって心配になりますよね。

企業側も転職サイトの中の求職者の情報を検索しています。
しかし転職サイトに登録した自分の経歴の名前や企業名などの情報は企業側に対し非公開になっています。

また指定した企業に自分の登録情報を一切開示しないブロック機能もあります。
今いる会社や関連会社、取引先などをたくさん登録しておきましょう。

転職エージェントのまとめ

【リクルートエージェント】

リクルートエージェント web画像

非公開求人数
10万件以上
支援実績数
累計 41万1千名以上
特徴
転職者成功実績 No.1

リクルートの転職エージェントサービス。

皆さんが気づいていない強みを発見することが、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーの仕事です。
そしてその強みを企業にアピールすることはもちろん退職のサポートもします。

担当してくれたお姉さんはプロフェッショナルな印象でした。☺



doda

dodaの転職エージェントのウェブサイト画像

求人数
非公開求人 80-90%
支援実績数
年間1万8千人以上
特徴
  • 5つの満足度ナンバーワン(2015年)
  • 2人の担当者がサポート

インテリジェンス社のサービスです。dodaはリクルートに追いつけ追い越せで、今や業界最大手。

転職支援サービスと同じウェブサイトで利用できるので便利。
dodaの私を担当してくれたキャリアカウンセラーは、とても親身にやってくれました。

別の転職サイト経由で、転職が決まったことを報告した時は、とても喜んでくれました。

私の職務経歴書を厳しく指導してくれたのはdodaのキャリアカウンセラーでした。

参考dodaへ

パソナキャリア

パソナキャリアウェブサイト画像

求人数
総数 50,000件以上、内、非公開求人 2万7000件、*2017年10月
支援実績数
25万人
特徴
  • 年収アップ率 67%
  • 取引実績 16000社

私の担当の専任アドバイザーは優しい雰囲気の男性でした。
夜9時半頃から電話相談をしてもらい、話を只々聞いてもらった記憶があります。

関東・関西・東海地方で転職を検討している方は利用しましょう。

スキルや経験のだけでの企業とのマッチングではなく、志向性や社風なども考慮できるよう丁寧なコミュニケーションをとってくれます。

平日や土日にも面談が可能で、面談した方には転職必勝ガイドをプレゼントするなど、手厚い支援を目指している会社です。



JAC Recruitment

JACのウェブサイト画像

求人数
非公開求人 60%
支援実績数
  • 年間6万人が登録
  • 累計 43万人
特徴
  • 外資系企業、海外進出企業に強み
  • 取引実績 25,000社
  • 両面型コンサルタント
  • 30歳以上の利用が多い

国内で3番目のシェアを持つ転職エージェントです。
関西の求人数は2番目の求人数を誇ります。

最大の特徴は両面型コンサルタントです。
一人のコンサルタントが求職者と企業両方にコンタクトするので双方のニーズを正しく理解したうえでマッチングを行うことができます。

外資系やグローバル企業への転職も視野に入れている方は登録するべき転職エージェントです。

転職エージェントのキャリアカウンセラーの相談に時間はどれくらいかかるか

転職エージェントの対応

転職エージェントに登録をすると早速、キャリアカウンセラーとコンタクトを取ることになります。

初回に30分くらいの打ち合わせをします。
電話でも訪問でもいいので、お好きな方でどうぞ。
以降はひと月に一回程度の状況確認。もちろんいつでも聞きたいことがあるときはメールでも電話でも連絡が可能です。

しかし、一度はキャリアカウンセラーとの面談をした方がいです。

キャリアカウンセラーとの面談は仕事を辞めるということを説明するいい機会になります。

そして電話で説明するより、対面で説明した方が、より、緊張感を持って転職について説明することになります。

家族や友人ではこうはいきません。

わざわざ時間を作り、見知らぬ場所へ出かけ、初めて会う人に仕事について語る。

面接のいい練習になるのです。

そしてこういうものは習うより慣れろです。

転職サイトのまとめ

リクナビNEXT

リクナビネクストウェブサイト画像

求人数
85%が限定求人
支援実績数
非公開
特徴
  • 転職者の8割が利用
  • スカウト機能

転職者決定数 No.1。転職者の8割が利用しているサイト。

リクルートは業界の老舗。新着求人が豊富な日本の人材総合サービスの第一人者です。

企業側から声がかかるスカウト機能もありますので、キャリアカウンセラーと話すのはちょっと気が引けるという方は、まずはここを利用するといいでしょう。


MIIDAS(ミーダス)

ミイダス ウェブサイト画像

求人数
2000以上
支援実績数
非公開
特徴
  • 毎月8000人が登録するサイト
  • 自己都合ではなく市場価値が高い時に転職するスタイル
  • オファーは全て面接確約!

ここは割と新しい転職サービスで、5分でプロフィール登録完了ができるのが売り。

わずらわしい職務経歴書や履歴書をわざわざ転職サイトの為に作る必要がありません。

企業からのオファー(応募依頼)が来た時点で面接が確約されています。

自分から企業を探すというよりは自分に価値を見出す企業に探してもらうというスタンス。

毎月8000人が登録しています。



はたらいく

転職サイトはたらいくのウェブサイト画像
ここは、もっとゆるーく働きたい方向けのサイトです。
地元、地域密着型とひとがらを重視した転職サイトです。
SNSのいいね!みたいな感じで、企業への興味通知みたいのを送り、応募の前に企業側の反応を見ることができます。

企業もちょっと気になってるよ!みたいなサインを送ってきます。
ある程度脈があるか無いかわかるので失敗が少なそうです。

その他にも

【ミドルの転職】エンジャパン

ミドルの転職 エンのウェブサイト画像エン転職の40代向けサイトです。

@type

typeウェブサイト画像

求人案内メールを頻繁に送ってきてくれます。一番希望する職種の求人が多いのはこのサイトです。

Daijob.com

転職エージェント daijobのウェブサイト

外資系、グローバル企業など英語を活かせる求人に特化した日本最大級のサイトです。
求人件数 10万以上。

CareerCross

転職サイト キャリアクロスのウェブサイトキャプチャー
こちらも同じく、外資系など英語を活かせる会社の求人に特化したサイトです。
外国人のエージェントさんからのコンタクトもありました。

一体どこに登録したらいいの?

当然こうなると思います。
しかし、ここだけ登録しておけばいい転職サイト、転職エージェントはありません。

多くの情報を集めるために多くの転職サイトに登録するしかないと思います。

企業側からすると、転職サイトに求人情報を乗せるのにはコストがかかるのです。

あなたの求める理想の仕事が企業が求人情報を乗せたサイトがたまたま一致する確率は低いです。

めんどうでも多くのサイトに登録し、たくさんの情報の中から選択してほしいと思います。