仕事を辞めたあと
       

会社辞めたい40代男性必見! 退職したその後は? 5つの人生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
40代男性_退職したその後 なんとかなる

会社辞めたいけど、その後どうなっちゃうんだろう?
まさかホームレス?

会社を辞める時に心配なのはその後の事ですよね?

なかには、40代である日突然会社を辞めると言いだし、周囲の反対を押し切り退職してしまう人がいます。
こういう人たちはその後どうなっているのでしょうか?

私の周りにもそういう人はいました。

実は私もその一人です。

しかし、
「あいつは会社を辞めてホームレスになっていて公園で見かけた。」
という話は聞かないですよね。

意外と何とかなるんです。
どうにかこうにか生きていけるんです。

転職、少しの無職期間の後に就職、出戻り、独立、節約して生活、
といった5つの事例、
そして仕事を辞める人が持っているエネルギーについて書きます。

事例1 今までのキャリアを活かし就職をしている

40代で退職した人はその後どうなるか、
今までそれなりにきちんと仕事をしてきた人にはそれなりにスキルがついているのです。

あまり多くを求めず、真剣に転職活動を続けていれば、今まで培ってきたそのスキルを欲する人がいます。

散々、使えないやつ、ダメな奴、根性無しなどと会社で罵られた人がある日、辞めるという話を聞くことってありますよね。

「あんな使えないやつ、誰も雇ってくれないよ ハハハ。」

なんて同僚たちとストレス発散がてらに悪口を言って優越感に浸ってしまうことってありますよね。

でも、風の噂で、ダメ社員のレッテルを貼られて会社を辞めた人が今は同じ業界の名前の聞いたことある会社で働いているなんて聞きますよね。

ダメダメで辞めたはずなのに何とかやっていると聞いて、なんだか悔しい思いをしたことはないでしょうか?

何だよ、会社辞めても失敗しないのかよ。ちくしょー みたいな、ね。

もがいていれば簡単にはくたばらないのです。

そして窮地に立たされれば人はもがくのです。

事例2 無職期間後、就職

実は私の事例です。

とにかく会社を辞めたかったので一旦会社を辞めてから就職先を見つけるパターン。

退職する時に、次の仕事が決まっていなかったので人事の人は非常に親身になってくれました。

うっすらと涙を浮かべているようにも見えました。
「会社を辞めるのは止めない、でも次の仕事が決まるまで会社にいた方がいい。」
そう言ってくれました。

しかし私は会社を辞めました。

約2か月の無職期間はありましたが、無事就職し普通に生きております。

2か月間の無職期間というのはかなり特別な経験です。

まさに人生の価値観がひっくり返るような経験のはずです。

20年のキャリアの履歴書にきらりと目を引く2か月の期間。

しかし、今思えば遠~~~い昔の話です。たった2年前の話なのですが。

人生がひっくり返るような経験のはずの2か月の無職期間ですが、今は家族の中ですら話題になることはありません。

飲み会で無職期間あったんすよ~といったところで武勇伝としては弱く、大して注目も引きません。
不幸自慢合戦になるとこの程度の話題では勝てないのです。

意外と何とかなるのです。

事例3 起業など全く別の人生を歩む 何故か蕎麦屋に挑戦

40代 退職した後 蕎麦屋

私の知り合いで大手企業のリストラにあった方がいました。会社の大規模な人員削減によるものです。

家のローンもあり、子供の学費もこれからどんどん増える段階でした。

就職活動をしていましたが新しい会社はなかなか決まりませんでした。

近所の目が気になるということで、その人は段々と日中外出できなくなりました。

就職先がなかなか決まらなかったため、家を売り田舎の実家に帰ることにしたのです。

「実家で蕎麦屋やるんです。」
その人は言いました。

実家は別に蕎麦屋ではないのです。😏

これは論理的にめちゃくちゃだと思いました。

家のローンを返し子供の学費を稼ぐために働くのであれば、都会で仕事を探し続けるべきです。

家賃を浮かすために実家に住むのであれば、実家近くでサラリーマンをやればいいのです。

しかし、その人は蕎麦屋の道を選びました。

資金が必要になる蕎麦屋開店の道に踏み込んだのは、単にそうしたかったからです。

退職が人生を考えるきっかけになったのです。

さて、その蕎麦屋はうまくいったのでしょうか?

蕎麦屋がうまくいったにせよ失敗したにせよ、なんとか暮らしているに違いありません。

事例4 給料が下がった分節約して暮らす

会社都合で退職した人がいました。
住宅ローンを抱え、二人の子供の学費も必要です。

旦那さんは給料は結構下がりましたが仕事を見つけました。

奥さんはお金がないお金がないといいパートに出ました。
しかし、パート先の仕事が合わないらしく、コロコロパート先を変えた後、結局はパートに出ることを止めてしまいました。

それから3年くらいたちました。
相変わらずお金は無いそうですが、平和に暮らしています。

事例5 出戻り組 ちょっと遠回りして元に返ってくる

散々文句をいい、威勢よく会社を辞め、他の仕事に挑戦。

しかも「君もこんな会社は早く辞めた方がいい ハハハハ。」
と捨て台詞付きです。

数年経ち、聞いてみると新しい仕事はだめだったみたいで、今は、前の仕事に近いことをしている。
こういう人もよくいますよね。

なんだ、結局戻ってきてんじゃん。偉そうなこと言いやがって
と、思います。

一つの会社でぶつぶつ文句を言いながら働いている人と比べるとこういう出戻りの人は明るい人であることが多いです。
少し余裕もあります。

過去の失敗を思い出、笑い話にしてしまいます。

やはり納得して働いているというのが大きいと思います。

辞めた会社に戻ってくるのです。
自分が活躍していた場所ですから教育不要で、やっぱり会社も欲しい人材なのです。

開き直れば過去の自分の発言は水に流しケロッと何事もなかったかのように戻ってこれるのです。

40代で退職した人は膨大なエネルギーを持っている

少し理科の話をします。

ロケットを発射させようとします。

ロケットに加えるエネルギーが少ない時、

ロケットには現状維持しようとする力は非常に大きいので、弱いエネルギーでは変化は起きません。

ロケットは何事もなかったかの如く発射台からぴくりともしません。
元の極めて安定した状態に戻ります。
会社を辞める40代

ロケットに加えるエネルギーが多い時、

元に戻ろうとする巨大な重力に打ち勝ちロケットは動きだします。
大きなエネルギーを持っている状態で飛行し続けます。

また大きなエネルギーを持っている状態なので極めて不安定です。
しかしそのエネルギーを使ってやがてバランスを取り何とか安定させることができます。

退職した人は、特に高齢の40代で退職した人は、現状に戻ろうとする非常に強い重力を振り切った状態です。
悩みに悩んだ末に退職したのであれば、さらにエネルギーが高い状態です。

そのエネルギーを使い、もがき続け、やがてバランスを取りながらどこかに進めます。

初めて自転車の補助輪を外した時のように。

40代で退職した人のその後のまとめ

自分の身の回りを見回してみてください。

退職と共に人生が終了し、路上生活をしている人、なんとか生き残っている人、どちらが多いですか?

意外と何とかなっている。

そう思いませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る