会社を辞めたいけど不安な人へ
       

会社辞めたら人生終わりって聞いたけど? 本当の事,教えます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
会社辞めたら人生が終わるとアドバイスする人

会社辞めたら人生そこで終わり、ジ・エンド、という風潮がありますよね。

その噂を聞いた人にすれば、会社辞めたら人生終わっちゃうのかよ、絶対やめらんねーとなります。

果たしてほんとにそうなのでしょうか。

そういうことを言っているのは会社を辞めたことがない人なのです。
是非会社を辞めたことがある人の生身の声を聞いてほしいです。

会社を辞めて人生終わった人を見たことがある?

さて、実際に会社を辞めて人生が終わった人を皆さん見たことありますか?

ないですよね。

どちらかと言えば、逆で、
その会社にいると人生が終わりそうな人が会社を辞める。

のではないでしょうか?

そして会社を辞めて元気を取り戻し、なんとかかんとかやっている。

無事生きている。

暖かい家に住み、食べるものにもそれほど不自由せず。
仲間との飲み会にも参加できる程度の経済力もある。

心配する人をよそにそれなりにやっているのです。

40代になれば会社を辞めたことのない人は少数派

リクルートが運営する転職サイトのリクナビネクストによれば、40代で転職未経験者は38%です。

50代だと34%です。

ほとんどの人が会社を辞めた経験をもっていることになります。

街が人生終わった人であふれているというニュースは見たことが無いので、会社を辞めたからといって人生が終わるというのは大げさに物事を捉えすぎなのです。

単に勤め先が変わること。

仕事を辞めずに済むように努力することは大事なの?

面接では仕事を辞めた理由を聞かれます。

その時の望ましい説明の仕方は、

ある大きな問題があった。その問題を解決するためにやれることは全てやった。

それでもどうしてもその問題を解決することができなかったので、会社を辞めることにした。

こういうストーリーが面接での答えとして望ましいのです。

例えば長時間労働を改善するために、労働環境を変えるよう会社に働きかける行動もあるわけです。
もちろん自分の業務効率を行うことは当然です。

そういう、会社の習慣などを変えるような粘り強い交渉をやりたい方は、やったらいいと思います。

しかし、そんなめんどくさいことをやるより転職で環境を変える方が楽な人もいると思います。

会社に変わってもらうか、自分が動き勤務先を変えるか。

会社の文化や習慣を変えるのには多くの時間と労力がかかります。

必ずしも会社の文化や習慣を変えるために努力する必要はありません

自分にとってやりやすい方を選べばいいと思います。


会社を辞めるメリット

物事には2面性があります。
いいこともあれば、悪いこともあります。

その一面しか見ていないことに気づかないのは極めて視野が狭いと言わざるを得ません。

会社を辞めることにもメリットがあるのです。

世界が広がる

会社を辞めるとより広い世界を知ることができます。

この世の中は広いです。

自分が知ることができないくらいに広いのです。

会社を辞めることにより自分の生活環境はがらりと変わります。

今まで自分を苦しめていた問題がいかに取るに足らないことであるのか思い知らされます。

一つの会社にい続けると、どうしても狭い世界で生き続けることになります。

だからといって必ずしも自分の住む世界を広げなけれいけないというわけではありません。
狭い世界に住む自由もあるのです。

人生に選択肢があることを知る

一つの会社で働いていると、いつの間にか制約まみれの中で生活していることに気づかされます。

あれをしなきゃいけない。
これもしなかやいけない。
これはしてはいけない。
あれをしてはいけない。

長い会社生活の中で身に着けた経験から無意識のうちに自分の行動が束縛されていることがあります。
束縛されていると、動ける範囲が狭いので迷うことが少なく非常に楽な面もあります。

森の中の一本道のようなイメージです。

しかし会社を辞めるとその全ての束縛から解放されます。

急に野原に出たようなイメージです。
何がいい事なのかわからない。何が悪いことなのかもわからない。

まさに手探りです。
でもだんだんわかってきます。この野原にもいろいろな制約があることを。

そして前の制約の方がよかったかいまの制約の方がよかったか、またどこか別の所に行ってみようと思うことができるようになります。

どこに行けばうまくいくという人生の保証があるといいのですが・・・。


人生終わりとは何?

会社辞めたら終わりという意見に首をかしげる
そもそも人生終わりとは何でしょう?
本当の終わりは死んでしまうことですよね。

会社辞めたら生きてられないぞ、とまでは言ってないですよね

ここで言われている”終わり”とはかなり漠然としたものです。

住処を失う

会社辞めたら終わりだぞ (住む所なくなるよ)

ん? なんだかいまいち、そりゃあやばいな、とはなりません。

住む所がただちに無くなるとわかっていたら、会社辞めませんよね。

給料が減るぞ

給料は減るかもしれません。もちろん増える可能性も多いにあります。
仮に給料が減ったところで終わりというほどのことはありません。

出世ができない

出世コースから大きく外れるのは間違いではないと思います。
もし会社辞める前に出世コースに乗っていたのであれば。

ただ、”出世コースから外れる”ならば”人生終わり”と、とらえるのはかなり無理がありますね。

大企業を辞める

誰もが知ってる大企業を辞めるとさらに終わり感が強くなってしまいます。

もったいないという感覚が出てくるのですね。
あんな、安定したいい会社を辞めるなんてもったいない。
両親や家族はそういうでしょう。

休みの日はいいです。実は〇〇商事に勤務してましてと言えば、すげーと羨望のまなざしを受けることができます。(なぜ”実は”なのかは不明です)

しかしステータスとして自慢する分にはいいですが実際働くのは大変です。
誰もが知っているような巨大な会社は安定しているかもしれませんが、
安定させるために膨大な努力をしているのです。

入社を希望する人は後を絶たないので、競争に勝ち残れない人は、会社にい続けることができません。

ふと気づけば周りは派遣社員ばかり。

一部の限られた正社員で高い目標値を達成するために膨大なタスクを課され、能力を限界以上発揮させるよう求められてしまいます。

出世しないと会社にいることができないのです。
そこそこの年で出世できない人は天下りとして関連会社にどんどん飛ばされていきます。

この日常に耐えきれず会社を辞めると、外から見ている人に、
大企業というステータスがなくなったので終わったといわれてしまうのです。
ゆくゆくは、どうせ関連会社に飛ばされるのにです。

むしろ関連会社に飛ばしてもらった方が復活できる可能性も高いです。

終わりの意味

そうすると上に書いたような事だけでは人生終わりにはなりません。

  1. 貯金を使い果たし
  2. 失業保険も期限一杯受け取り
  3. どんな仕事にもつくことができずに、
  4. 派遣社員やアルバイトもすべて落ち、
  5. 家を追い出され、
  6. 親戚に助けてもらうこともできず、
  7. 生活保護も受けられないよ
  8. 終わり

さすがにこれらのステップをすべてクリアすると終わりと言えるでしょう。

ただ、会社辞めたら⏩終わり、と言う人は、
相当先のことを心配していることになりますね。


会社を辞めたい人の妬みに気を付けよう

会社辞めたら終わりだぞと警告する人がいるとしたら、その人がどのように会社で過ごしているか、気にしましょう。

その人は生き生きと働いているか、
あるいは必死で耐え続けるあまり苦労が顔に出ていないか。

苦労があまりにも顔に出過ぎている人が、会社辞めたら終わりだと脅してくると、

俺を置いて先に行かないでくれよ~~。

ずるいよずるいよ~、そんなの失敗したらいいんだ、
と妬んでいるのです。

人の不幸を見て優越感を感じること位しか楽しみのない人のアドバイスに振り回されてはいけません。

友達がすごくかわいい彼女を作ってきたら、正直うらやましいですよね。
別れるとちょっとうれしくなってしまいます。

妬みの感情は人間にとって自然の物です。

終わりだといっている人は会社を辞めたことがあるのか

そもそも、会社を辞めたら終わりだぞと警告する人は会社を辞めたことがあるのでしょうか?
単にイメージで言っているだけではないのでしょうか?

会社を辞めたら終わりかどうかは是非、会社を辞めたことがある人に聞いてみてください。
アドバイスを未経験者に求めてはいけません。

終身雇用を全うしようとしている上司や同僚、ご両親は終身雇用の利点をいくつも挙げられるかもしれませんが、会社を辞めることが終わりかどうかは、本当のところわからないのです。

終身雇用の全うと会社を辞める、両方やったことがある人がいないのでどちらがいいかはわからないですからね。

会社を辞めることは新たな旅立ちである

会社辞めたら人生が終わるとアドバイスする人
会社を辞めることはどちらかと言えば悪いことであると思われがちですよね。

誰かが会社を辞めると聞くと引き留めようとするのは転職未経験者です。

しかし転職経験のある人は、会社の同僚が会社を辞めると聞いても、引き留めるような事はしません。

会社を辞めることを悪いこと、不幸なことだとは思っていません。

むしろ本人にとっていい事だと知っているからです。

「今まで、一緒に働いてきたから別れるのはさみしいけれど、これから君は僕とは別の、新しい道を行くことにしたのだね。頑張ってね。」
と応援するだけです。

本人が人生における一つの選択・決断をした。それを尊重し受け入れるだけなのです。

会社を辞めたら悪いことしかないなどありえない話ですし、良いことしかないというのもあり得ません。

根拠もないのに”会社辞めたら人生終わるぞ”などと警告するなどもってのほかです。

まとめ

会社を辞めると人生が終わりだというのはあまりにも雑な意見であると思います。
今の会社にい続ければ人生がばら色と言えないのであれば、どちらにも終わりになる可能性はあります。

ただ会社を辞めて終わりになるより会社を辞めてよかったと言う人の方が多いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る