仕事を辞めたい

仕事を辞めたいけど家族を養ってる責任感ある人へ 辞めてもいいよ

仕事を辞めたいが家族がいるので悩む男性

「仕事辞めたいんだけど、嫁と子供がいるからな~。」

「子供の学費もあるし嫁さんになんて説明したらいいんだろう。」

この記事はそんな、家族がいるのに仕事を辞めたいサラリーマンに向けて書いた記事です。

 
そういう私も、40代で家族がいてローンもたっぷりとあるのに、次の仕事も決めずに会社を辞めたことがあります。

無職の期間を1カ月ほど挟んで無事、新しい会社に就職することができました。

仕事を辞めたいけれど、自分が家族持ちだと、中々決心がつかないですよね。

次の会社が見つかるかどうかもわかりません。

この記事では、どんな理由なら家族がいるのに仕事を辞めていいのか、家族に言うべきタイミング、反対されたときの対処法を紹介します。

家族持ちでも、仕事を辞める理由は何でもいい

あなたが、仕事を辞めるとご家族に伝えると、当然反対されます。

お父さんが仕事を辞めると、今までの愛すべき日常がガタガタと音を立てて崩れる恐れがあるのです。

ご家族は当然強い不安を感じることになります。

そして

「なんで?」

と聞かれます。

ここで何故仕事を辞めたいのか熱く、強い思いを説明できるかどうかが勝負なのです。

それならしょうがないねと、ご家族を説得できればあとは次のステップに移っていくことができます。

責任感があるあなたの場合、仕事を辞めたい理由は何でもいいのです。

仕事が辛い、労働時間が長すぎる、人間関係に耐えられない、その苦しみは本人にしかわからないですよね。

逆に熱く強い思いがない場合は、仕事を辞めない方がいいでしょう。

なんのために仕事するかといったら生きる為ですよね。

お金を稼ぐこと、社会に参加すること、自己実現すること・・・生きることの側面にはこういったことが挙げられますよね。

しかし生きるために仕事するはずが、仕事をするために生きている状態になっている場合がありますよね。

非常に悲しく苦しい状況です。

もしその辛い状況を今まで誰にも言えずに一人で苦しんでいたのであれば、ご家族も納得してくれるのではないでしょうか。

一見、後ろ向きに見えるかもしれませんが、「この状況を打破したい❗」というのはやはり熱い思いなのです。

自分をより良く活かせる新天地への挑戦への熱い思いがあればご家族も理解を示すでしょう。

私の場合もそうでした。

家族に対する責任がない人が辞めたい場合

「自分が一家の大黒柱として家族を守るんだ。」
という家族に対する責任感がない人もいますよね。

仕事を辞めたいという理由はなんであれ、そういう人が次の仕事が決まってないのに辞めるのは危険です。

家族が路頭に迷うことになりえます。

自分の中でしっかり固めてから家族に言う

会社を辞める理由をしっかりと固める
家族に仕事を辞めたいと伝えるのは自分の中で仕事を辞めることが決まってからです。

自分の中に迷いがある段階では家族の説得は無理ですし、
いたずらに家族に不安を植え付けるだけになってしまう可能性もあります。

自分の中の意思を決めてから打ち明けるようにしましょう。

そして家族に仕事を辞めると伝える時は明るい未来も必ず一緒に伝えましょう。

そうしないとただ漠然とした不安を家族に与えてしまいます。

「そんな未来なんてないよ。」
と、思う方、そんなことはありません。

あなたが頭で思い浮かぶ希望であればなんだっていいのです。

メリットがあるから仕事を辞めるのですよね。

私の場合は、
「はっきり言って今の仕事は向いてないし苦痛でしかない。こんな生活を定年まで続けるのは嫌だ。向いている仕事をすればもっと活躍できて稼げるはずだ‼‼」
でした。

いまだに稼げてはいないのですが😅


転職活動を家族に隠してやると効率が落ちる

転職サイトへの登録や面接などの転職活動を本格的にするのであれば家族に隠れてこそこそとやるのはうまくいきません。

家族の前で堂々とできないと、転職活動へのエネルギーが転職活動を家族に隠すことに分散してしまいます。

家族に反対されてあきらめられるのなら辞めない方がいい

家族が反対しても仕事を辞めたい男性
家族が反対するのは当たり前なので、想定しておきましょう。

反対されても、繰り返し、仕事をやめたほうがいい理由を説明するしかないです。

初めて仕事を辞めたいとあなたから聞いたときは、動揺し感情的に反対してくることも予想されます。
そういう時は少し時間を空けて、また説明しましょう。

一番大切なのは家族に反対されたからといって仕事を辞めないことにして、自分が逆に納得できるかどうかなのです。

今の仕事を続けるのだと自分を説得するという作業が生じます。

それで納得ができますか?

「じゃあ俺頑張るよ。」と言って自分を犠牲にし耐えることはあなたの得意技かもしれません。しかし耐え続けるとやがて潰れてしまいます。

ここはひとつステップアップしましょう。

耐えながらも自分の意思も主張し、妥協点を見出すようにしましょう。
自分が犠牲になればすべて丸く収まる耐えるという作業よりも難しいことです。

仕事を辞めたいのに家族が反対する3つのケース

収入がなくなる

旦那さんの収入が無くなる場合は生活ができなくなってしまうから反対されます。

収入が一時的に無くなるのであれば奥様にも理解されます。

私の場合がそうでした。

就職活動はどうしても3~4か月かかります。

一時的に無収入になるのであれば最低4か月、できれば半年分の生活費を確保しましょう。

しかし、次の会社を決めてから辞めるのであればこの問題はなくなります。

自分の生活レベルを落とさないため

旦那の給料が下がり自分の生活の質が脅かされるために反対するケースです。

子供の学費や生活を切り詰めることが必要な時に反対される場合があります。

生活の質を落とす必要がある場合ですね。

「みんなと同じ標準的な生活をおくれなくなるのは嫌だ。」
ということです。

しかし、もし辛い仕事を続けた結果あなたが体を壊したり病気になったりしたら同じことです。

むしろ体壊した方が高くつきますよね。

「旦那が辛かろうが何だろうが、自分や子供の生活の質が落ちるよりはずっとまし。」
と考える奥さんだと悲しいですね。

つまり旦那の事は考えてないのです。

旦那さんは家族のために働くべきだとは思いますが、家族の奴隷ではないのです。

ここで「ちくしょう、誰も俺の事なんて気にもしていない。」
と、ひねくれたところで何の解決にもなりません。

自分の家族への接し方はどうだったか振り返ってみましょう。

仕事が忙しい、仕事で心身ボロボロといった理由で家族を邪険に扱っていなかったでしょうか?
当たり散らしてなかったでしょうか?

もしそうであれば、すべて自分がまいた種なのです。

会社でやっているように家族に対しても丁寧に接しましょう。

旦那さんのために仕事を辞めるのを反対するケース

「仕事を辞めて新しい会社に行けば給料上がるんだけどどうしよう?」

こういう時に奥様はどういう反応をするでしょうか?

それはやめたほうがいいと反対する場合もあります。

奥様はやはりあなたことを良く知る人です。

あまりにもキラキラした話ですがあなたの性格と新しい仕事が合ってないと察知しているのです。

新しい背伸びし過ぎた仕事にあなたが潰れてしまうのではないかと心配しているのかもしれません。

高い給料、高いポジションはそれだけ求められるものは多いです。

奥様があなたのことを思って仕事を辞めるのを反対するのであれば、自分がそういうものに本当に価値を感じているのか改めて見直してみましょう。

退職によって家族がバラバラになるか?

40代で退職すると家族がバラバラになるのか

父親が退職すると嫁さんが子供を連れて家を出ていき一家がバラバラになり、まさに絵に描いたように不幸を転げ落ちるような話がありますよね。

あなたがそうなるとは限りません。
嫁さんと受験を控えた子供が家を出ていく理由はなんでしょうか?
ご主人が職を失ったから?

それはきっかけにすぎません。

普段から家族のことを軽んじて暮らしていたから、退職を機に嫁さんと子供は出ていったのです。
お父さんの元を去って暮らす事は大変なことです。

退職した後も前向きに生きていこうと奮闘するお父さんを見ると普通は応援するのが家族です。

最終的な決断が、
「家族がいるから仕事を辞めないことにする。」
だとしても、
それを家族のせいにしないでください。

それはやがて家族のせいでやめられなかった。

と家族が負担になって仕事をやめなかったと後悔することにつながります。

後悔がやがて家族への恨みに変わるかもしれません。

あくまで自分の意志で辞めない事を選ぶようにしてください。

まとめ 仕事を辞めたいが家族持ち、さてどうしよう

仕事を辞めたいという強い意志が固まっていれば辞めていいと思います。
その思いが家族を路頭に迷わせない原動力になります。

そして仕事を辞めることがあなたにとって明るい未来をもたらすのであれば、それはあなたの家族にとっても歓迎されるべきもののはずです。

家族も応援してくれるはずです。

どの転職サービスを利用するべき?
転職支援実績 No.1
リクルートエージェント

【リクルートエージェント】は累計45万人の転職支援実績があり、親しい人に最もおすすめしたいエージェントサービスに選ばれました(2018年)。
もっとも頼もしい転職エージェントサービスです。

各業界・業種に精通した実績豊富なアドバイザーが、職務経歴書や履歴書の添削から面接対策、そして給与交渉まで行ってくれます。
他にも、業界や企業情報の提供、面接セミナーのサービスもあります。

リクルートエージェントは誰にも言えず一人で進めることの多い転職活動の強力な味方になってくれます。

また11万件の公開求人と17万件の非公開求人という膨大な求人はあなたの重大な選択肢を広げます。
 
非公開求人は企業の戦略に関わることであったり応募が殺到する恐れから、一般公開できない求人です。

それだけ魅力的なポジションなのです。

自分で求人を探すリクナビNEXTのような転職サイトよりも、家族がいてある程度の収入が必須な方は転職エージェントを利用した方がいいです。

 
「転職する気持ちが固まってないんだけど・・。😯」
という方、特に問題はありません。

情報収集や相談が目的でもOKです。

 
是非、この転職支援実績 No.1 のリクルートエージェントを利用してください。

コメントを残す

*

CAPTCHA