仕事を辞めたい

経験者が贈る 会社を辞めたい40代に読んで欲しい記事まとめ

会社を辞めたい40代男性

「もう会社を辞めよう。でもそれでいいのか」
「本当に辞めて大丈夫だろうか?」

この記事はそんな、会社を辞めたいけどそのまま進んでいいのか迷っているサラリーマンに向けて書きました。

そういう私も10年勤めた仕事が辛くて嫌で、次の仕事が決まっていませんでしたが40代で辞めました。
一瞬無職になりましたが、無事就職し、楽しく暮らしています。😀

この記事では40代で会社を辞める時に直面する様々な不安や苦悩を和らげる記事をまとめました。

40代で会社を辞める理由

ずっと仕事が嫌でたまらなかった僕が辞めることを決めた40歳の冬

仕事を辞めることを決断する男性

「お金もらってるとはいえもう嫌‼」

「仕事はもう死ぬほどどうでもいい。」

「随分我慢したけどもう限界。」

この記事はそんな”仕事が嫌でたまらない40代”に向けて書きました。

会社は苦しみを耐える場所。

時間が過ぎ退社時間を待つ日々でした。

そんな日々に疑いも持たず過ごしていましたが、ふと自分はどうしたいのか、今の状態を続けたいのか考えました。

結局仕事を辞めることにしたのです。

この記事では、まさに”転職することを決めた時”の体験を書きました。

もう待てない! [40代の体験談] 次の仕事決まらないから辞めた

次の仕事は決まっていないが仕事を辞めた男性

「今の会社を1日でも早く辞めたい‼」

「次の会社に行きたくても、中々次の会社が決まらない。」

「仕事が忙しくて転職活動のための時間が取れない。
もういっそのこと会社決まってないけど、仕事をやめた方がいいんじゃないか❓」

「でもそんなことして大丈夫なのか?」

そう思うことってありますよね。

私も同じ経験があります。
そして実際に次の会社が決まる前に、転職活動に集中するために会社を辞めてしまいました。😁

40代で既婚、子供(発達障害持ち)もいるし家のローン(月10万)有りなのにです。

無職期間が1か月できましたが無事新しい仕事に就くことができました。

やって正解でした。

この記事は仕事が忙しくて転職活動が進まずに歯がゆい思いをしている40代のために書きました。

次の仕事が決まってないのに辞めるメリットとデメリットと私の体験談を書きます。

今の会社にいる意味を全然感じないのであれば、とっとと辞めて新しい道を探したほうがいいです。

仕事を辞めたいけど理由に自信のない人へ みんなが辞めた理由の割合

みんなの仕事を辞めたい理由

「仕事辞めたいけどこんな理由でいいのかな?」

「みんなの仕事を辞めたい理由はなんなんだろう?」

「自分の仕事を辞めたい理由は理解されるだろうか?」

この記事はそんな、仕事を辞めたいけど理由に自信がない人に向けて書きました。

そういうわたしも仕事を2回辞めました。

20代で辞めた理由は残業まみれの生活でした。

40代で辞めた理由は仕事がただの苦痛になったことでした。

この記事ではみんなが仕事を辞めた理由と仕事を辞めたい理由の周囲の人への説明のし方を書きました

「逃げちゃだめだ」と踏みとどまっているアナタ 転職は幸せへの挑戦です

仕事から全力で逃げる人

「仕事辛いから転職したいけどこれって逃げだよな。」
「逃げの転職はダメなんでしょ?耐えるしかないか。」

この記事はそんな、転職したいけど「逃げ」だと人に言われることが気になって2の足を踏んでいる人に向けて書きました。

 

そういう私も転職は2度しました。
キャリアを上げるためというよりは今の仕事が嫌だったから辞めたので「逃げの転職。」ですよね。

逃げの転職はダメだと言われますが、私は別に逃げの転職でもいいと思います。

逃げの転職を成功させた私、現在も元気に生活。ピンピンしています。

 

果たして転職は逃げなのでしょうか?

危険から逃げるのは動物の基本的な防衛手段じゃないですか。

逃げるのは一つの選択肢です。
その選択肢をよく吟味したうえで行動するのであれば、それは尊重されるべき一つの決断です。

逃げてはいけないとあなたにアドバイスする人は逃げなかった場合に起きた問題の責任を取ってはくれませんからね。

逃げの要素のない転職活動はあり得ません。
転職する人は皆、逃げなのかどうなのか自問自答しながら進んでいくのです。

この記事では、なぜ逃げの転職はいけないと言われているのか、逃げない危険、転職する時の志望動機や、退職の理由の説明の考え方を紹介します。

40代で会社を辞めるとどうなる

仕事辞めたい40代男性必見! 退職したその後は? 5つの人生

40代男性_退職したその後 なんとかなる

会社辞めたいけど、その後どうなっちゃうんだろう?
自分はすでに40代、次の仕事はあるのだろうか?
まさかホームレス?

仕事は早く辞めたいんだけどその後が不安ですよね。

実は私も結構無理な辞め方をしましたが、どうにかこうにか生きています。

この記事では、

  • 同業他社へ転職
  • 少しの無職期間の後に就職
  • 会社を辞めて結局、同じ会社に出戻り
  • リストラ→独立
  • リストラ→給料低い会社へ転職

といった中高年男性5人の例を紹介します。

この5人が転職によって得たのは、新しい人生です。

妻よ旦那のわがままを許してくれてありがとう、40代の無職生活

無職生活中にジョギングする40代旦那

「このまま会社辞めたら無職になるかも?。」

「無職期間ってどんな生活するんだろう?」

この記事はそんな既婚の40代の男性に向けて書いた記事です。

会社を辞めて無職生活にほんのちょっぴり憧れる。
そんなお父さんたちは多いのではないでしょうか?

でも実際に無職になったらどんな生活するのでしょうか?

そういう私も40歳で無職の経験があります。

家族と子供がいるのに転職活動をするために仕事を辞めました。

家族を抱えた40代が無職生活をする上でのキーパーソンは誰か?

奥さんですよね。

一番の被害者は奥さんです。

無職生活がうまくいくかどうかは奥さんの理解をいかに得られるかにかかっています。

この記事では
無職期間に妻に不安を感じさせないようにどうしたか、
就職が決まるまで2か月間の無職生活の様子を書きます。

貴重な充電時間をくれた妻に感謝です。

知っててよかった 仕事を辞めたあとの手続き お金・失業給付・税金

仕事を辞めた後の事を考える男性

仕事を辞めた後はどんな手続きをしたらいいのでしょうか?

仕事を辞める為に多くのエネルギーを使うので、中々辞めた後の手続きにまで気が回らないですよね。

次の仕事が決まっていない状態で、仕事を辞めたあと、いわゆる失業中にはどんな手続きをとる必要があるのかを書きます。

失業すると雇用保険、健康保険、年金に税金とさまざまな手続きがあります。
ハローワークの人や会社の人事、総務部の人が教えてくれますが、自分でも情報を集める必要があります。

仕事のやる気が出ないのに転職なんてしてうまくいくの? 転職した方がいい理由
やる気がない男性。転職してうまくいくか不安

仕事のやる気が出ない。
転職でもしようか、
でもこんな自分が転職してうまくいくのだろうか。

こう思うことはありますよね。

しかし逆なのです。

やる気があって仕事がうまくいっている人は転職などせずそのまま働きます。

現状がなんか違う、と、やる気が出ないから転職するのです。

転職がうまくいかないとはどういうことなのか考え、
そして今のままだとどうなるか考え、
どちらかよい方を選びましょう。

仕事を辞める決断の時に読んでほしい記事

仕事を辞めたいけど家族を養ってる責任感ある人へ 辞めてもいいよ

仕事を辞めたいが家族がいるので悩む男性

「仕事辞めたいんだけど、嫁と子供がいるからな~。」

「子供の学費もあるし嫁さんになんて説明したらいいんだろう。」

この記事はそんな悩みを持つ40代に向けて書いた記事です。

仕事を辞めたいけれど、自分が家族持ちだと、中々決心がつかないですよね。

次の会社が見つかるかどうかもわかりません。

一体どういう場合であれば仕事を辞めてもいいのか紹介します。

家族の反対を押し切れるほど強い思い、
そして家族に対する責任感をしっかりと持っている人であれば、仕事を辞めてもいいと思います。

「仕事を辞めたい」辞めるべき? たった一つの判断基準と対処法

仕事辞めたいけどいいかわからないサラリーマン

「仕事を辞めたい、でも辞めていいの?」
「もう限界、でももっと頑張るべきではないか?」

この記事はそんな「仕事を辞めたい」と「辞めたらいけないもっと頑張る」を何度も繰り返しているサラリーマンのための記事です。

そういう私は30代の半ばくらいから仕事を辞めたいと思いながら、会社に通い夜遅くまで働き続ける生活を繰り返していました。そして40代に差し掛かるときに仕事辞め転職しました。

辞めて思ったのは「もう3年早く辞めた方がよかった。」でした。

この記事では仕事を辞めたい時の対処法と辞めるべきかどうかの一つの判断基準、辞める前にやるべきことを紹介します。

辞めるかどうかのたった一つの判断基準とは
「自分の幸福につながるのはどっちか?」です。

もう辞めた方がいいのかもしれない 仕事を辞めるタイミングとは

「仕事を辞めた方がいいのかな?。」
「仕事を辞めたいけど退職日をいつにするのがいいのだろうか?」

この記事ではこのような、仕事を辞めるタイミングを知りたい人に向けて書きました。

最初は仕事を辞めるということの現実感が全くありませんでした。

しかし、少しでも現実味を帯びると今の会社に残ることに全く魅力を感じなくなりましたね。

この記事では、

  • どうなったら仕事を辞めるタイミング
  • 転職活動の平均的な期間
  • 実際の退社日のタイミング

に関して紹介します。

私の場合は、退職届けの提出から5週間後に退社しました。

最終出勤日は退職届から3週間後、そのあと2週間、有給休暇の消化をしました。

今の仕事を変えたい! 転職成功 体験談 40代で未経験職種へ

転職活動を終えほっとした40代サラリーマン
40代での未経験の職種への転職は成功するのでしょうか?

仕事が嫌で、新しい仕事がくることに怯えていた私は、これ以上この会社にいても意味がないと思い転職することにしました。

なんとなく就職した私にとって、今の職種を続ける限りどの会社で働いても同じだと思い、未経験職種に転職することを決めました。

4か月と2週間かかりましたが無事転職を成功させたました。

その間の心の揺らぎ、転職活動の内容を紹介します。

会社辞めたい40代におすすめの本

何がしたいかわからない人へ やりたいことを見つける本15冊

やりたいことを見つける本 40代

「今の会社はもう嫌だ、辞めよう、そして新しい会社に行こう。」
「そこでもう一度やり直すんだ。」

こう思って辞める方向にかじを切った時にふと出てくるのが
「じゃあ次はどこで働こうか?」
「志望動機はなんて書こうか?」

 
 
「・・・」

「そもそも自分は何がしたいの?」

という疑問です。

やりたいことをやっている人って強い信念があって迷いがなくエネルギーがあってうらやましいですよね。

やりたいことという信念に沿って行けばいいので人生がシンプルになりますよね。

やりたいこと、好きなこと、夢が見つからなくて、
何がしたいのかわからなくて
辛い思いをしている方に

やりたいことを見つける、やりたいことを作る本を14冊紹介します。

と、言いながらも、わたしも
「自分にも何かやりたいことがあるはずだ❗」
と、
人生の目的や使命なんかに匹敵するようなものを
必死に探しました。

しかしその答えは、

やっぱり、ない😖

でした。

なんじゃそら?って思いますよね。

もうね、”ない”なら”ない”でいいのです。

それを一度受け入れる。
そこから、じっくりとやりたいことの気配のようなものを見つけるようにすればいいのです。

仕事で苦しむサラリーマンへ 人生観を変えて幸せになる本 10冊

人生が変わる本を読んだ男性

「一所懸命頑張ってるのに仕事が毎日辛すぎる。」

「みんな後先考えず好きなこと言いやがって💢。」

「はいはい、おれが犠牲になればいいんでしょ。」

この記事はそんな、真面目で、わがままにふるまえないせいで仕事の被害者になってしまっているサラリーマンに向けて書きました。

そういう私も被害者意識を持って働いていました。

「お客さんにとって、会社にとって必要なことだから。」、

「やるべきことだから。」

という理由で、自分に鞭打って必死に働きました。

しかし、自分が、「もう無理、辛すぎるよ。嫌だよ」という気持ちが出てきたあたりから、自分を必死で守るようになりました。

仕事に対して被害者意識が出てきて、仕事から逃げようとするあまり周囲ともぎくしゃくし八方ふさがりになった経験があります。

この記事では会社を辞めるという人生の岐路に立ち、人生のことを深く見つめているサラリーマンに読んでほしい本を紹介します。

もっと楽に日々を過ごせるようになる、人生の考え方・人生観が変わる本をおすすめしています。

40代・中高年へ 転職エージェント・サイト11社を比較

転職エージェント 40代 中高年におすすめ

中高年で転職を考えてみようと思い、いざ求人情報を探す、もしくはメンバー登録しようと思っても転職サイトがたくさんありすぎるので迷ってしまいますよね。

私も40代で5か月にわたり転職活動を続け、18社の転職サイトに登録し60社に応募をしました。

40代の男性におすすめの転職サイトと転職エージェントをまとめました。

紹介する転職サイトとエージェントが多くなりすぎないように絞りました。

転職エージェントは数字で比較。

この中からどれか一つの転職サイトやエージェントを選んで利用すればうまくいくというわけではありません。

40代で本気で転職するのであれば、時間の許す限り登録し、たくさんの求人案件に触れましょう。

コメントを残す

*

CAPTCHA