仕事が辛い・嫌

仕事が怖いサラリーマンの苦痛を取り除く記事まとめ

怖い上司

「毎日の仕事が怖い。」
「会社に着いてしまうのが恐怖。」
「毎日びくびくしながら仕事ている。」

この記事はそんな仕事がすっかり怖くなってしまったサラリーマンに向けて書いています。

そういう私も以前いた会社では、着陸地区地点の見えない仕事をやっていて右往左往していたことに加え、やることなすことにケチをつけられ、仕事をすることにすっかり怖気づき、おびえていた時期があります。

この記事ではそういう仕事の恐怖を和らげるための記事をまとめました。

仕事の不安感が頭から離れなくて辛いサラリーマンへ、3ステップ解消法

「仕事のことが不安でたまらない。」

「あ~やばいどうしよう。」

「仕事が自分の所に来るのが怖い。」

この記事は仕事の不安が休みの日も頭の中から離れない人のために書きました。

私も、仕事に関して、不安を常に感じていました。

起きてしまって対応が必要な問題から、起きる可能性のある問題まで、心配し不安でたまらない状態でした。

帰宅後も、休日のレジャー施設でも
不安な仕事を思い出し、ふと気付けば家族にあたっていました。

仕事の不安とは何でしょうね。

仕事の不安とは将来起きるかもしれない嫌なことです。

そして、この不安を解消するには3ステップが必要です。

仕事の不安を見える化し、行動し、あとは待つのです。

この記事ではその3ステップ解消方法を紹介します。


イライラする~。仕事の人間関係が辛いサラリーマンへ 対処方法5つ

「なんかあいつとはうまくいかない。」
「俺だけ接し方が違うな。」

「すっかり皆に嫌われてしまったようだ。」
「あ~ あいつむかつく。」

この記事では仕事の人間関係で辛い思いをしている40代男性のために書きました。

会社は、社会は多くの人間で成り立っていてみんなそれぞれ利害関係が異なりますよね。

利害が違えば当然衝突の元になります。

そういう私も、サラリーマン生活を20年以上続けてきて多くの苦手な人たちのことで悩んできました。

この記事では人間関係の悩みを解消するための5つの方法を紹介します。

「仕事ができない子」と、つらい思いをしている人へ、7つの解決法

「なんで俺だけできないんだ。」
「完全にお荷物扱いされてるわ。」

このダメ社員のレッテルを張られると辛いですし人格まで否定されてるように感じてしまいますよね。

仕事には必ず依頼主がいます。
依頼主の期待する結果に対して

期待以上の結果を出すのが仕事のできる人。

それなりに満足した結果を出すのが普通の人

大幅に下回る結果を出すのが仕事のできない人です。

記事はそんな、「仕事ができなくて日々辛い思いをしている人」に向けて書きました。

そんな私はサラリーマンを続けて20年、グローバルな大企業、中企業、小企業で仕事をしてきました。

仕事が「できない奴。」という立ち位置で働いたこともありますし、
「今年度、会社をよくしてくれた人」として社内で表彰してもらった経験もあります。

この記事では仕事ができないを脱却する解決方法を7つ紹介します。

仕事が辛いサラリーマンへ”人生なんとかなるさ”と思える方法

「やばい、納期に間に合わない。」
「終わった。いったいこの状況をお客さんにどう説明しろというのか。」
「こんなのできるわけないでしょ、多くを求めすぎ!」

40代になれば、責任が増えてきますよね。
自分だけではなく、会社の部下、に取引先。
更に子供や親まで自分が責任を持つことになります。

責任が増えれば、問題が次々と舞い込んできますよね。

右のフックを食らった直後に左のジャブを2発、3発と、最後にアッパーカットもらうような感じ。

「もう無理~~。」

この記事はそんな40代に向けた記事です。

でも精神的なダメージなので大丈夫。

問題だらけの人生にどう向き合っていくか、
どう気持ちをもっていくかを書きました。

仕事で苦しむサラリーマンへ 人生観を変えて幸せになる本 10冊

「一所懸命頑張ってるのに仕事が毎日辛すぎる。」

「みんな後先考えず好きなこと言いやがって💢。」

「はいはい、おれが犠牲になればいいんでしょ。」

この記事はそんな、真面目で、わがままにふるまえないせいで仕事の被害者になってしまっているサラリーマンに向けて書きました。

そういう私も被害者意識を持って働いていました。

「お客さんにとって、会社にとって必要なことだから。」、

「やるべきことだから。」

という理由で、自分に鞭打って必死に働きました。

しかし、自分が、「もう無理、辛すぎるよ。嫌だよ」という気持ちが出てきたあたりから、自分を必死で守るようになりました。

仕事に対して被害者意識が出てきて、仕事から逃げようとするあまり周囲ともぎくしゃくし八方ふさがりになった経験があります。

この記事では、そんなサラリーマンがもっと楽に日々を過ごせるように是非読んでほしい、人生の考え方・人生観が変わる本をおすすめします。

[パワハラ対応事例] 気弱な僕が上司へ反撃 意外な上司の反応

職場で皆の目の前で大声でしかる、罵るそんなパワハラ上司や同僚っていますよね。

周りの目もありますしそんな上司や同僚がいたら、ストレスがたまりだんだん会社に行きたくなくなって来ます。

私もそのような経験があります。
温厚で内気な私、物腰は柔らかく、人との争いを好みません。

皆の前で毎日しかられても、悪いのは自分なんだと相手を正当化していました。

やがて私は強いストレスを感じるようになりました。
段々会社に行くのが辛くなってきました。

しかしそんな私がとったパワハラ上司への対応例を紹介します。

普段言いなりだった私が思い切って反撃することで、こっちがびっくりするくらいパワハラを解決することができました。

時には戦わなければいけないと痛感しました。

仕事が忙しすぎる人必見 残業だらけの辛い生活から抜け出す方法

仕事量が多いとストレスが溜まってきますよね。

仕事をやれどもやれども、一向に仕事をはじけず、投げ返したと思った仕事がすぐ帰ってくると、仕事をしても仕事を減らしてるんだか増やしてるんだかわからなくなりますよね。

そして自分の所で止まり、溜まっていく仕事量に恐怖を感じると思います。
そうなると、というか常に、残業してなんとか仕事を回していく。

まさに負のルーチンです。

今回仕事量が多くて困っているときにどうしたらいいかを紹介します。

効率化はもちろんですが、効率化だけしているとゆくゆくは効率的だがあいかわらず残業まみれになってしまいます。

長所を知って天職になる仕事を見つけたい人必見 性格診断サイトまとめ

「自分の長所ってなんだろう?」
「自分は極めてバランス型の人間、特徴なんて無いんだけど・・・。」

自分の長所は意外と自分で気づかないですよね。

天職と呼ばれる仕事についている人は皆自分の長所を生かし、短所はほかの人に補ってもらいます。

会社とはそれぞれが長所を発揮しお互いを補っていくための場なのです。

「自分の長所は短所のないことだ。」
と短所がないのは一見長所のように見えますが実は短所です。

自分の思いを口に出さず、物事を無難に丸く収めることばかりを考えているとキャラが立ちません。

キャラのない人がどうなるかはアイドルグループを見ていればどうなるかはわかりますよね。

そういう私も自分の長所を模索中の人間です。

わたしが向いてる仕事を探すために使った性格診断のサイトを紹介します。


働きたくない人必見! 仕事を辞めた後のリタイア生活を疑似体験した

リタイア後に憧れている人は多いと思います。
特に最近よく聞くアーリーリタイアとは60歳とか年老いる前に退職し、働かず生活することなのです。

小遣い稼ぎではなく、副業で大金を稼ごうとする人の理由は、お金を稼ぎ、いい暮らしをしたいというよりは、仕事を辞めることではないでしょうか?

リタイアがしたいのではなく会社に行きたくない。

しかしリタイア後、どのように生活したいかというと、それほど明確なプランはないんだと思います。

はい、私もそうです。

ついこの間、思いがけずリタイア後の生活を疑似体験していたことを書きます。

素直になったら決断できた。嫌でたまらない仕事を40歳で辞める理由

「お金もらってるとはいえもう嫌‼」

「仕事はもう死ぬほどどうでもいい。」

「随分我慢したけどもう限界。」

この記事はそんな”仕事が嫌でたまらない40代”に向けて書きました。

そういうわたしも仕事が嫌でたまらなかった人間です。

会社は苦しみを耐える場所。
苦しみは時が解決してくれます。

時間が過ぎ退社時間を待つ日々でした。

そんな日々に疑いも持たず過ごしていましたが、ふと自分はどうしたいのか、今の状態を続けたいのか考えました。

結局仕事を辞めることにしたのです。

この記事では、まさに”転職することを決めた時”の体験を書きました。

コメントを残す

*

CAPTCHA