仕事が辛い・嫌な人へ
       

本当はもっと燃えたい!仕事のやる気の出ない40代男性へ 7つの対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
やる気の出ない40代男性

「あ~めんどくさい。」
「余計な仕事増やすなよ。」
「やったって無駄だって。」
「いいだろこれで。」

40代で仕事のやる気が出ないと非常に苦しいですよね。

会社はもっとよくなる為にいろいろな活動をしますが、仕事のやる気がない人は別の方向を向いていますからね。

大きな川で流されないように頑張っているようなものです。

でも仕事のやる気がない人は幸せではないですし、そんな自分を肯定できていないですよね。

そういう私も仕事のやる気のない社員でした。

頼まれた仕事はちゃんとやろうと頑張っていましたが、自発的な行動やエネルギーはありませんでしたね。

実は窓際社員を狙ってました。

会社の風景に、そっと溶け込みたいと思ってました。
会社の安全地帯で似たような窓際部の同僚と笑って、流れるように一日を消化したいと思ってました。

しかし今はちがいます。
なぜって窓際部の同僚と笑って一日を消化したって、むなしいだけですから。

さて、この記事は、
「仕事のやる気はないけどさ、本当はやる気を持って働きたいんだよ。」
という40代の男性に向けて書きました。

やる気は自然に出てくるものではありません。
むしろ自然になくなっていくものです。

やる気のなくし方は誰でも簡単にわかりますよね?

しかし、やる気を出すにはやる気が出るように行動する必要があります。

自分が一日をどのように暮らしたいか、

そこを良く見つめることです。

40代で仕事のやる気のない人はどういう人?

やる気がない
やる気がない人はどういう人か考えてみます。

やる気がない人はぜ~んぶ、ひとごと、他人事なのです。

自分の人生の食べる・寝る・住む、ですらすべて他人事になっている場合があり、そうとう弱っている状態なのです。

事なかれ主義

手間がかかる問題は関わりたくない。
通常の業務はいいけど普段よりちょっとでも違うことをするのは嫌。
事なかれ主義な人は仕事のやる気のない人の最たるものです。

仕事の質が悪い

例えば何か仕事をやったとして、ちょっと考えればわかることが考えられてなかったり、
仕事の結果が雑な印象を与えるような人はやる気がない人とみなされます。

自分から動かない、言われたことしかやらない

基本的に受け身で、依頼されたことに対応する、言われたときだけ動く人はやる気がない人と思われます。

これなんでやってないの?と上司や同僚に言われたときに、
「言われていないから。」、
と答えるのが特徴です。

責任範囲をやたらと狭く捉えている

それは、おれの仕事じゃないが口癖。
その人に関連する業務でも、知らぬ存ぜぬ、巻き込まないでくれと、自分で小さめに設定した責任範囲から一歩も出ようとしない人。

鉄壁のバリアで自分を守っている印象を人に与えます。

自分のことしか考えていないので、人に好かれにくいです。

仕事のやる気が出ない原因は何?

仕事に飽きている

人間は飽きる生き物です。
社会人として働く前は大体3年ごとに学校も環境も大きく変わりました。

同じことを同じ環境で4年以上も続けたら飽きてきて当然です。

疲れている・ストレスをたっぷりとため込んでいる

毎日の長時間労働、常に強いストレスを感じているような環境では誰でも逃げ出したくなります。

仕事は自分の命を脅かすものになります。
それを全力で避けるべく行動するのは生き物として当然です。

ストレスは気力を奪います。

ストレスの自覚症状がある40代は思っているよりもたまっている可能性があります。

心当たりのある人は調べてみましょう

自分の仕事に興味がない

明日の仕事がだるい40代
自分の仕事に興味がないとやる気という前向きなエネルギーを出すのは困難です。

給料をもらっているという義務感だけで動いている場合、義務の量を減らすべく仕事に対して後ろ向きの行動ばかりとるのは自然なことです。

自分の能力が不足している

自分の仕事で必要な能力が自分に全然無いと思う状況で働くのは非常につらいことです。

常に自分を否定している、自分の無能を痛感し続ける、
そんな環境ではやる気は簡単には出てこないでしょう。

出世の見込みがない

40代になれば自分が社内の出世コースで走り続けているのか、
出世レースから既に外れているのかわかってきます。

出世が働く動機だった人は、出世の見込みがなくなった瞬間に目的を見失います。

やる気を出すのが難しくなります。

働いても、給料やボーナスが増えない

必死に働こうが、そこそこ働こうが給料やボーナスは増えないということに40歳くらいになれば気づいてしまいます。

へたすりゃ、自分がめちゃめちゃ頑張ったとしても、会社全体の業績が悪く管理職だからという理由で、ボーナスを減らされてしまうことだってあります。

「なんか、あんまり頑張っても意味ないな。」

給料を増やすことが仕事のやる気の源だとやる気はパタッと⤵なくなります。

仕事の優先順位が下がっている

人生は仕事だけではありません。
家族や、友人、恋人、趣味や副業等よりも低い価値しか仕事に見いだせない場合があります。

こういう時は仕事のやる気が出ません。

やる気が出ない理由ばかり考えていたら、少し暗い気持ちになっちゃいますね。

仕事のやる気の出し方

40代でも仕事のやる気を出すのはそう難しいことではありません。

仕事のやる気のある40代の同僚や上司、取引先の人などを参考にし同じように振る舞えばいいのです。

自分の仕事のやる気の源を見つめる

そもそも、どういう時に仕事にやる気が出ますか?

どういう時にやる気スイッチ入りますか?

このやる気は切羽詰まって仕方がなく前に進むときに出るやる気ではありません。

”いいことしたな”と感じられる事のために出すやる気です。

やる気のある人のふりをする

やる気のあるふりをする40代男性

人間の思考と行動は連動しています。
声を出して笑っていながら悲しみに浸ることはできません。
行動が頭の中の考えに影響を与えることができるのです。

やる気を出すには、やる気のある人のふりをするのです。

やる気のある人はどんな行動をとっていますか?
簡単に真似できることだけでもやってみたらいいのです。

朝 出社したら自分から挨拶をする。
いつもより、ほんの少し大きな声で。

やる気のある人は朝も強いです。 
いつもより10分 早めに出社したら会社の景色は違いますし、心に余裕が出ます。

やる気のある人はどう行動するだろう、
そう考え行動しているとあなたもやる気のある人になってきます。

仕事のやる気を減らすような発言をしない

仕事のやる気をさらに減らすような言動はやる気をさらに奪います。

「あ~今日も会社か~。」
「だるいな~。」
「俺、仕事のやる気ないから😁」

こういう発言をすると自己暗示のようになり、仕事のやる気をそぎます。

もし仕事に対してやる気を持ちたいのであれば、

このような発言をしないことはもちろん、こういう発言をする同僚とも距離を置いた方がいいです。

いいと思ったことは口にする

やる気のない人はおとなしいです。

会議中はもちろん、メールや電話・会話の中でも意見を言いません。

こうした方がいいんじゃないかと思っても、ぐっと言葉を飲み込みます。

なんでか

「他人にすべて決めてほしい。」んです。

何故か

「責任を一切負いたくない。」のです。

自分の意見が通って問題が生じたら、自分のせいになるんです。

だから指示を求めるのです。

「(問題点はなんでもいいのだけれど・・・)で、私は何をしたらいいですか?」
と。

何故か?

安全だしラクなんですよね。

だって

な~んにも考えなくていいから♪。

よーくわかりますよね。

でも、これを繰り返していくと、やがて本当に何も頭に浮かんでこなくなるので危険です。

いいと思ったことは口に出しましょう。
よーく考えてからなんて言わず、
取りあえず口に出しましょう。

いいと思ったことは行動してみましょう。

言われてないのに行動するのって怖いですよね。

よく見てみるとこういう人がやる気のある人に見えるのです。

自分の仕事の価値を考える

あなたが仕事をしていれば、あなたの仕事は必ず誰かの役に立っています。

誰を助けているか想像してください。

あなたが働いた恩恵を受けるその人はまた誰かを助けたり、何かを作り出したりするのです。

もしかしたら、あなたでなくても、できる仕事かもしれません。
むしろほとんどの仕事は誰でもできます。

しかしその仕事を実際にしたのはほかの誰でもないあなたです。

もしやる気を出したいのであれば、
是非、想像力を駆使して自分の仕事がどのように世の中に立っているのか、時間をとって考えてみてください。

運動をして男性ホルモンを増やす

運動して男性ホルモンを増やす
仕事をバリバリやってる人って休みの日に何をしているイメージあります?

間違ってもパチンコ台の前で朝から晩まで座ってたりしませんよね。

仕事のやる気のある人は生活のどこかで大抵運動を取り入れています。

運動をして筋肉が増えると、男性ホルモンであるテストステロンが増えます。

そうするとより活動的な意欲が沸くのです。

まさに行動が思考をコントロールするのです。

ジムで汗を流してから出社なんてかっこよすぎてできないかもしれませんが、
週末の30分のお散歩くらいから始めてはどうでしょうか。

仕事を工夫する

40代で仕事に飽きてしまった時はこの方法がいいです。

仕事に飽きたということは何ら刺激がない状態です。

仕事の内容は基本的に変わりません。

40代で出世しないのであればなおさら、今後仕事からの変化はありません。

すなわち、仕事と自分の関係は完全に安定している状態です。
完全に仕事をマスターした状態です。

仕事をマスターすると後は淡々とこなすことができます。

しかし人間はこの状態になると退屈を感じ飽きの状態になります。

仕事に変化がないのであれば、自分が変化していかないとこの状態は脱出できないのです。

仕事を工夫しましょう。

人間は人に言われたことをやっている状態だと、面白くもありませんしやる気だって出ません。
脳みそは動いているかもしれませんが状況に適して反射的に行動しているだけであって”考える”という作業はしていないと思います。

しかし自分からやろうと思ったことは意欲もありますし、面白いと思いますよね。

頼まれた仕事の90%は言われた通りやらざるを得ないかもしれませんが残りの10%を工夫しましょう。

趣味や遊びを持つ

仕事は多くの時間を使いますが、人生は仕事だけではないですよね。

仕事や家庭以外でなんでもいいので、自分が楽しめる趣味や遊びを作りましょう。

「え~そんなのないよ。」
といってるうちはそのままです。
子供の頃・学生の頃ハマったTVゲームでも、漫画でも何かあるはずです。

純粋に楽しめる遊びを”作る”努力が必要なのです。

散々人のために働いてきたのですから、たまには自分のために金を使えばいいのです。

嫁さんが、なんでそんなものを買ったのと文句を言ってきても
「このままだとオレぶっ倒れるから許して。」
と弱っているのをアピールすれば許されます。

遊ぶための時間が欲しくなると仕事を早く終わらせたくなりますよね。

仕事を早く終わらせるためには様々な工夫が必要ですから仕事に対してやる気😡が出るのです。

遅くまで会社に残っているのはやる気がないのに仕事以外にすることのないオジサンたちなのです。

40代は人生の折り返し地点、今後 どうしたいのか見つめなおす時期

仕事のやる気が出ないのでスマホする40代

定年まで人生の主要イベントはもう用意されていない

40代になれば、子供の頃想像したような人生のイベントはもうほとんど終わっているのではないでしょうか?

高校に入り、大学に入り、会社に入る。
結婚し子供も二人くらいいて、ローンを組んでマイホームを買う。

次の主要イベントは何でしょうか?

子供の進学、就職などもありますが、自分のイベントではなく子供の人生のイベントです。

自分が子供の頃想像していた人生の主要イベントはすべて完了しているといってもいいでしょう。

逆に言えば誰かが設定してくれた人生の目標はもうないのです。

順調に行けば次の人生の主要イベントは定年退職、20年近く後の話です。

今まで、ずっと走り続けてきて、次のイベントまでの時間が長いので、目標を見失い、ふっと力が抜けてしまっているのかもしれません。

しかし次のイベントまで時間があるということは、自分でどう過ごすかを選べるのです。

そして今の”やる気が出ないと嘆いている自分”は、あなたが自分で選んでいる過ごし方です。

今の仕事が嫌なのか

仕事のやる気が出ない、
それは今の仕事が嫌だということでしょうか

「よくよく考えると仕事自体はそこまで嫌でもない。

まあ、やる気はないんだけど。」

ホントに嫌だったら、とっくに辞めているのです。

そんなに嫌じゃない仕事ならやる気を出すこともできるのです。

「本当はもっと燃えたい。」
そう思うのであれば何かに燃やしてもらうのを期待するのではなく自分で燃えましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る