転職を成功させる為に役立つ情報
       

給料増えるんじゃね? ヘッドハンティングされた40代必見、7つの注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ヘッドハンターの女性

ある日、見知らぬ会社から電話がかかってきた、もしくはメールが飛んできた。
これってヘッドハンティングじゃないか?
これで一気に給料アップ。

うれしいし、すごく興味があるけどちょっと怖い。

ヘッドハンティングされたら、一体何に注意するべきなのでしょうか?

ヘッドハンティングにはメリットがありますが当然デメリットもあります。
その両方を考え最後は飛び込んでみるしかないのです。
20代でヘッドハンティングで転職した私が、当時取るべきだったと後悔した事も書きます。

ヘッドハンティング会社に注意

ヘッドハンティングした会社を調べる男性
全く見ず知らずの人とコミュニケーションをとるのは怖いですよね。
ヘッドハンターから連絡があったら、まずはヘッドハンターの会社を調べましょう。

会社に電話がかかってきたのであれば電話中にグーグルで会社名を調べましょう。

インターネットで調べれば、そのヘッドハンターが本物か、どんな規模の会社なのかわかります。
またそのヘッドハンティングの会社が強い業界や職種もわかります。

ヘッドハンターがあなたからお金をとることは通常ありません。

ヘッドハンティングを依頼した企業名や仕事の内容はヘッドハンターに会うまでわからない場合もある

ヘッドハンターから連絡を受けたら一体どの企業が自分に関心を持ってくれたのか知りたくなります。

しかしヘッドハンターに会うまで細かな求人の内容、企業名すら教えてもらえないことが多いです。

ヘッドハンターからすれば、ある程度本気で転職を考えている人としか関わり合いたくありません。
そして求人情報は一つの企業秘密です。
ヘッドハンターと会うための時間を作るくらい、転職を本気で考えている人にしか教えてくれません。

ヘッドハンターに注意 ヘッドハンターの仕事

女性ヘッドハンター

ヘッドハンターの仕事は企業の求人条件に合った人を探し企業に紹介します。
企業がその人を採用したら手数料をもらいます。

ヘッドハンターにとってのお客さんはあくまでも依頼元の企業です。

言葉を選ばずに言えば人が商品になります。

企業があなたを直接名指ししたのでもない限り、企業はあなたのことはよくわかりません。
声をかけて実際に会い、企業に紹介するに値する応募者か見極めることもヘッドハンターの仕事です。

また企業がその人を気に入ったらその人が転職するように促すことも大事な仕事です。

転職する気が出てきた時の注意点

ヘッドハンティングに対しやる気になった男性
ヘッドハンターに会い、あなたを採用しようとしている企業や条件がわかり、
ヘッドハンターに持ち上げられて少し転職する気になったら一旦頭を冷やしましょう。

転職のメリット、デメリットを考える

転職にはメリットがありますが同時にデメリットもあります。
ヘッドハンターが提示したメリットは何でしょうか?
一般的にはお金がメリットの代表的なものです。ただ、お金のためにデメリットを受け入れるのは危険です。

元々お金に対する強い執着、高い価値観があり、そこにポンとヘッドハンティングの話が舞い込んできたのであれば、お金のためにデメリットを受け入れるのもわかります。

高い給料、高い役職は必ずしも幸せとは直結しないのは周りの人を見ればよくわかると思います。

転職活動は人生の大きなイベントです。平凡な日常では不要な様々な面倒なことを呼び込むイベントです。

是非、お金以外のメリットを探すようにしましょう。

どんなキャリアプランを描くか

ヘッドハンティングされるまで、転職のことを考えたことがない人もいると思います。

この機会にぜひ自分がどんなキャリアを築きたいのか考えてみてください

今までの道を掘り下げるのか、それとも広げるのか。

キャリアプランなど全く浮かばないと言う人は、今の会社で今後も頑張っていきたいのか、どこか別の所に行きたいのか、お金につられて転職しないようにしましょう。

本当にその会社がいいの? 自分でも求人情報を集めよう

転職をする方に心が動いて来たら、自分でも転職サイトなどを使い求人情報を調べてみましょう。

ひょっとしたらもっと自分に適した仕事があるかもしれませんし、比較対象を持つことで、

  • 企業のいい所
  • 悪い所
  • 確認が必要な所

が理解できるようになります。

またあなたの選択肢が増えます。
選択肢が増えると圧倒的に交渉に強くなりますよね👍

比較対象になる、転職したいというような求人情報があったら是非応募してください。

あなたを応募者として選んだのは誰か確認しよう

是非ヘッドハンターにあなたを応募候補者として選んだのは誰か聞いてみましょう。
企業が名指しであなたを指名していることもあります。企業はあなたを熱望しているのです。

またヘッドハンターがあなたを応募者として選んだ場合もあります。この場合、企業からするとあなたはあくまでもヘッドハンターが推薦する一人の応募者でしかありません。

自分の立場をよく把握しましょう。

企業とコンタクトするときの注意点

ヘッドハンティングを警戒する人
ヘッドハンターに促されて、企業側からの強いアプローチを受けて、あなたは話だけでも聞いてみようとなるかもしれません。

詳しい話を聞きに来ただけだとあなたが思っていても、応募の意思のある人というとらえ方を企業がしてしまう場合があります。
特にヘッドハンターを間に挟んでいるとそういうことは起こりやすくなります。

あなたが転職に対し迷いがあり、それが企業側に伝わっていないのであれば自分の気持ちを伝えましょう。

あなたの気持ちが置いてきぼりになった状態でどんどん話が進んでしまうとお互いが不幸になります。

安売りしないようにアームハンティングに注意

専門的な技術を持つ男性

ヘッドハンティングはあなたの能力を高く評価し、役職に関わらず重要なポジションで採用することです。

それに関してアームハンティングというのは人手不足を補うために人を引き抜くことです。

自分の重要度が会社にとって高くないため自分を安売りしがちになります。

転職先の仕事内容を確認するのは当然ですが、特に自分がその会社でどれだけ希少な存在になるのかを確認しましょう。

応募先の会社での希少性

あなたとほぼ同じ能力を持った人が既に何人かいて、追加要員になるのか。
巷にはありふれたスキルでもその会社でそのスキルを持つ一人目の人間なのか。
それとも二人目として入社するのかそれとも10人目として入社するのか。

上司や同僚、部下の担当業務に関する知識を聞けば大体わかると思います。

どうでしょう、上司、同僚、部下にあなたの代わりはできそうでしょうか?

市場における希少性

同じくヘッドハンターはあなた以外に声をかけていることも十分にあり得ます。
あなたの仕事は世間一般的に見てどれほど希少、もしくは特殊でしょうか?

応募の希少性

このヘッドハンターが多くの人に応募を促したらどうでしょうか?
皆一斉飛びつく話でしょうか?

あなたの隣の席に座っている同僚がヘッドハンティングされているとしたらその会社に応募するでしょうか?

同僚たちが飛びつかないようであれば、実は安売り案件の可能性があります。

美味しい話であれば自分がもたもたしている間に他の誰かがその仕事に応募してしまうかもしれません。

給料交渉する時の注意点

転職エージェントと給料交渉するビジネスマン

相手企業に気に入ってもらうのが第一歩

あなたがまず行うのは相手企業にあなたを採用したいと思ってもらうことです。
そうした方が給与交渉がスムーズになります。

そのためにしっかりと自分のできることをアピールしましょう。

相手があなたを採用したいと強く思っていない状態で給料アップを狙うのは難しいです。

自分の給料と新しい会社の給与体系を把握する

まずは、自分の給料を正しく把握しましょう。
残業や手当、ボーナスや定期昇給、またずっと今の会社を辞めずにいればもらえる退職金も含めて考えます。
新しい会社の給与体系と比較します。

残業は出るのか、退職金はあるのか、手当にはどんなものがあるのか、ボーナスはどれくらい出るのか?

希望の給料を決める

これは正解はありません。あなたが欲しいと思う金額です。
この要因になるのが上で書いた希少性です。

需要と供給で決まるのです。

仕事の内容に強く魅力を感じるのであれば、給料が下がってもいいという人もいるでしょう。

しかしヘッドハンティングされたのであれば+20%くらいは最低額として要求してもいいと思います。
現在400万であれば480万
現在500万であれば600万。

給料交渉の方法

自分の希望額を言い、それより1円でも下がるのであれば今回の話は無しと相手に伝える方法。

最終的に受け入れられる金額よりも多めの希望給料を伝え、様子を見ながら徐々に下げていく方法。

また高い給料を獲得するのに有効なのが、別の会社にも応募しておくことです。
二つの会社に競合させるのです。

実際に行くつもりのある会社に応募し競合させるのがポイントです。
行くつもりもないのに給料を釣り上げるためだけに別の会社に応募するのは事態が複雑になるだけです。

待遇でわがままを言わないように注意

ヘッドハンティングによる転職は招かれて始まるためやや強い立場をとってしまいがちです。
あまり欲張らないことです。

相手の会社にも給与体系などの社内ルールがあるのです。
実際活躍するかどうかわからないあなたに給料や特別な待遇をするのは企業にとって大きなリスクで、他の社員にも示しがつきません。

企業が折れまくってあなたの希望の給料を払うとあなたへの期待はさらに膨らみます。

その期待を十分に満足できないと会社での居心地は悪くなります。

入社時の年収を50万増やすためのエネルギーを、その会社で活躍できるかどうか見極めるために使いましょう。

ヘッドハンティングは、自分は何もしていないのに転がり込んできた出来事です。普通の人にはない話です。
話が来ただけでも非常に幸運で感謝するべきなのです。

謙虚に振る舞いましょう。

ヘッドハンティングでの転職活動とは

今まで転職する気がなかったのに、ヘッドハンターもしくは企業から直接誘われる事で触発されて転職を考え出す場合を考えました。

元々転職する気がなかった場合を考えましたので転職サイトに登録していてスカウトされるのは別物です。

ある企業があなたを名指しで指名しヘッドハンターがその交渉窓口である場合と、
企業はヘッドハンターに条件を提示し、その条件合う人としてヘッドハンターがあなたにコンタクトする場合があります。

ヘッドハンティングによる転職活動は受け身の姿勢で始まりますが、話を進める気があるのであれば、いち早く受け身ではなく積極姿勢になることが重要です。

もし転職する気が出てきたのであれば、他の転職サイトを活用しいい案件が他にも無いか調べましょう。

転職エージェントに相談し他にどんな転職先があるか調べましょう。